#9 dynasty

アクセスカウンタ

zoom RSS 参の酉の浅草

<<   作成日時 : 2011/11/29 01:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

久しぶりに友人YとTの3人で出掛けた。
上野で待ち合わせ、先ず東京国立博物館に行き、台東区の循環バスに乗り浅草へ向かう。
浅草に着いたらやはり観音様をお参りしないと落ち着かない。
大きな羽子板が奉納されていた。
画像


さて、落ち着いたところで今度は腹を落ちつかそう。
今日は粋に行きたいので、「駒形どぜう」で昼から飲むことにする。
画像

画像

画像

ねぎをたっぷりのせて味わう。美味い
薬味は七味と山椒が用意されているが、山椒の方が僕は好きだ。

開いたどじょうもメニューにあるが、ここはまるの方がいい。
他にも何品かサイドメニューを注文したが、
壁に貼ってある期間限定メニューが気になって仕方ない。
「鯰鍋」 なまずなんて食べたことない。
お店の人もお勧めだというので3人だが1人前を注文する。
画像

イメージ的には穴子に近い気がする。
日本酒によくあう料理だった。

気持ちもよくなってきたところで、酔いざましと腹ごなしを兼ね少し歩こう。
この日を数字を使わず表現すると「霜月乙酉」そう、三の酉である。
鷲神社に向かうのだが、人・人・人であふれかえっている。
平日でも酉の市は混むのだが、土曜日とあっては仕方のないことである。
これも縁起ものである。楽しむことにしよう
画像

画像

おまわりさん、警備ご苦労さまでした。
本殿近くのおまわりさんが拡声器で参拝客に注意を呼び掛ける
「先ほどお賽銭があたり、けがをされた方がいらっしゃいます。
お賽銭は投げないでください」
そうなんだよ、お賽銭は投げちゃいけないのさ。

折角なので、隣の長国寺もお参りしよう
画像


鷲神社と長国寺は江戸時代は鷲大明神社として神仏混淆であったらしいが、明治の神仏分離令で
別れたらしい。

参拝を終え、参道を歩く。多くの露店が立ち並び、思わず買い食いしたいのだが、
ここは我慢のしどころ、しかし他の地域の露天に比べて安いなぁ

我慢をしたのは浅草寺近くまでもどり
大黒家で天丼を食べると最初から決めていたから。
画像

画像

胡麻油で揚げているため、香りがよく、見た目ほどくどくない。
今に残る「江戸」の雰囲気を楽しんだ1日でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
浅草の格安旅館
格安旅館ホテル【旅行の宿】です。格安の旅館やホテルを紹介しています。よかったら遊びに来てください。ご迷惑でしたら、お手数ですが削除お願いします。 ...続きを見る
格安旅館ホテル【旅行の宿】
2011/12/03 13:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
参の酉の浅草 #9 dynasty/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる