#9 dynasty

アクセスカウンタ

zoom RSS 【霜降】 創業八十七周年 勝烈庵と棟方志功

<<   作成日時 : 2013/10/24 00:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

勝烈庵についてネットの口コミで
「思い入れがある人はともかく、新参者には…」
と、意外な書き込みを見た。

この書き込みをした人はリトル・トーキョー化した
横浜しか知らないのであろう。
「横浜」より「ヨコハマ」とカタカナで表記した方が
この街の雰囲気を上手に表していた時代、
東京よりヨコハマの方が遥かに格好が良かった時代があり、
僕はその最期の方だけだが体験できたのは幸運だった。

10月23・24日は創業八十七周年記念として
勝烈庵では、棟方志功の絵皿を来店者にプレゼントしてくれている。
画像

画像



本日は霜降、仕事が早く終わったので勝烈庵に行った。
ロースよりヒレの方が高いとんかつ屋さんは多いがここは同じ値段。
ヒレかつはかつれつと表現。
このヒレ肉を楕円でなく長方形にかたち作り、串を刺して油で揚げる。
そして自家製のソースをたっぷりかけて食べる。
又、このソースがキャベツによくあう。
画像


ごはんとキャベツはおかわり自由。
今日は仕事帰りだったのでビールを頼む。
画像の奥の方に写っているソースだが、
キャベツをおかわりしたこともあり1/3以上はかけたと思う
シジミのみそ汁とお新香付き。

とんかつは元々カツレツという洋食だった。
それを和風にして提供したのが勝烈庵。
浜っ子たちの腹を満たしてきた。
ソースをたっぷり掛けるのは野暮だって?
判っちゃいないね。ここはそれでいいの。
粋でも野暮でもない、美味しいものを味わう。
気取るばかりじゃ能がない。

そういう店だから、棟方志功さんも勝烈庵を気にいっていたのであろう。
来店される時は津軽弁丸出しで気さくであったらしい。
店の文字は志功さんによるもの。
八十七周年は伊達じゃない。

新参者と謙虚にされてはいたが、この店タダモノじゃないんだという感覚が
あるともっと楽しいと思えること増えるよ。

【霜降】 旧九月の中気始めて霜降る


おまけの画像
なかなかよかったです。
画像

京都伊勢丹にて。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【霜降】 創業八十七周年 勝烈庵と棟方志功 #9 dynasty/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる